なんかしたいって

ビジネスにおいての自発性ってどこから来るんだろう?がテーマ。

 

うちの若役員が 

新規の仕事につなげるための、会社としてのアクションを

いつでも明確に単純なもので示して来る。

たとえば展示会。高い金払って出店してそこから

一体どんなビジネスチャンスをひろってきて

今後どう取引をしていって元とって儲けにつなげるのかまで

見えている(考えた)からこその提案が

できることが羨ましい、

・・・まぁ、だからこそ役員なんじゃないかって

情けないけどそんな皮肉すら浮かんでしまう

 

 

その提案をしていく熱が若い人に足りないと言うのはごもっともかもしれない

ビジネス的視点をもってして仕事に打ち込むモチベーションなんて

どう培って行くかわからんよ興味もないよ

って「若者」側の立場としてすごく疑問なんだもの

 

 

 

そもそも発案に至るその視点 アンテナがないことが問題だと思う

自発性=何かしらの感情や欲求

なわけで

その何かの感情が生まれるための情報収集ってわざわざする?

そんなドライな意見も自分の中ではある

 

おそらくは要領のいいひとほど そうなんじゃないかなって

自分が批判されるかもしれない バッシングうけるかもしれない

提案するってそういうことだし

何かのプロジェクトにはそれはつきもの

あくまで「仕事」は「仕事」 「プライベート」がいちばん大切

さらに加えて

下請け的な業種もそれを後押しさせる

 

 

 

だけど

東京の展示会やイベントや展覧会を見て思うのは

「個人」では成し遂げ得ない「こと」が評価されてるんだなってこと

 

同じことの繰り返しやいままでやってきたことを反芻するだけでは

それは決まった「お仕事」であってそれ止まり

 

理解ができたなら 分解して 分析してまた企画して実行する

あたらしいことを創造する そのフィールドが

ビジネスだったりモノだったり大きいことだったりほんっのちっさいことだったり

するんだろうけど

それがすごく大切。私の価値観ではね。

だってだから「デザイン」って言葉に執着してるんだもん。

何かをうまくそつなくやりたいんじゃない。(できないし。)

べつに紙面レイアウト考えてるのが幸せなわけじゃない。それをデザイナーとも呼ばない。

ラフかけるのがクリエイティブなんてとんだ履き違え(描くって、手段じゃん。視覚表現じゃん)

そうじゃない、

ただ、何かをやりきる、成し遂げる(例えば展示会とか、イベント主催とか、ひとつ商品を作るとか、会社の中に自販機置くとか・・・飲み会企画でもいい)

そのあとに人におこる化学反応みたいなのってあるし、それを意図する方向におこすのがクリエイティブだって思う

どんな小さいことでも、人の内側に残したかけらを それをないがしろにしたくない。

一人の人間に対して起こせた風は

どんな規模になっても通用すると思ってる

社内でのフローとか自主性とか企画の説得性とか

それは社外の仕事でもそうだと思うし

なんなら窓口が一人の営業さんだったらなおさらそれは「お仕事」の範囲で

きちんとこなすまでにしか至らないんだと思う

何かを揺り動かすには 人と人の知恵が、ぶつかりが必要

 

だから「企業」が自分たちをまずデザインすることって大切なんだなあってほんの少し思った

社内でのぶつかりをも避けてしまったらそこに創造性はあり得ないと思う

 

 

社内での(若手って言ってたんだけど、それよりも)自発性がないのは

ビジネス視点と繋げさせるのを前提としているからなのかな

人間、得意不得意はあるから

じゃあそれぞれのフィールドでできることをものすごーく大切に任せていけばいいのではないかなぁ

 どっかで誰かと誰かが熱くなってなんかやってる

そんな距離感ではただの身内乗りになってしまうから対立するのであって

批判する人の意見が必要なとき立ってるし、そいつらですらも巻き込めばいい

 

それぞれの個性を必要な場面で発揮してもらえたらすごく強いと思うのになぁ

だれかが欠けても成り立たないっていう色が一度でも出たならそれは継続できるはず

一回のぶつかりあいを避けてはいけないのではないかなぁなんて思うけどねぇ

(外野だから言えることだけど)

 

 

とにかく、

その網にひっかかってきた雑魚を 拾ってくれた人に

後悔はさせたくないんだな私、って 気づきました。雑魚なりに。

 

クリエイティブな方向性に進みたい人間が社内で増えているのを

いまこそ勢力としていってやるって 渦中にいってやるって思う(雑魚なりに)

10数年 腹の中でふつふつとしていたもの

あきらめてきた熱を

私はここで大恥をかいて自分を変えたいから

頑張ってみようっておもってる

何ひとつ踏み出せずいたことに気づいたから

今まで何も、変えようとはしていなかったんだって

言い訳だけをし続けてたんだって気づかせてくれたから