会社の掃除をしている時

みなさっさと終わっていくなか

角のホコリが気になって最後までやっていた

容量のわるいバカな娘 世の中に淘汰されていく弱い立場の人間だと

心の中で嘲笑った人がいるかもしれない

すぐにやめたかったけれど

角のホコリが気になって仕方なかった

 

誰もやらないからたまってるんだから

気づいた私が 時間を使うことにしよう

(結果次の会議ギリギリ間に合いました)

 

今後は

掃除なんか適当にやろう こんな会社きらいだし

って思った

 

だけど多分わたしにそれはできない

そうしようとしたら

たとえばあれを見てくれた人がいたら・・・

考え方をその人が知ったら・・・

その人を裏切ることになるんじゃないかな

 

そして 例えばあの時角のホコリが気になった自分が

今後それを見て見ぬ振りをすることは

自分の中の自分にうそをつくことになるんだ

 

今までそうしてきたことがたくさんあった

 

その度ブレブレの自分にうんざりしてきたし

本当に大切な人を傷つけることになったじゃないか

 

 

私は角のホコリを掃除するところを誰が見ていなくてもやる

そうしたいからやる

 

だって例えば

見えないところで 角のホコリを掃いてくれたり 

蜘蛛の巣とりをしてくれたり

そんな人を見たら

そんなところが素敵だと それだけは伝えられるひとになりたいから

 

逆にそんな言葉をかけてくれる人がいたら

そんな人こそ大切にしていきたい

 

意味じゃなくて無償でできることがあって

それはとても力を持っている気がするから

 

 

かつてパートタイマーで平凡で 年中家事と仕事に忙しい

そんな母のようにはなりたくないと言ったことがある

言っちゃいけないって思っている言葉を

自分の反発に目もくれず平然と口にしたことを他でもなく自分が後悔していた

 

きづいたのは

私は意味というものさしで人を測っていたこと

私はそれに虚無を覚えている のに

そこにある虚無感に目を伏せて

言い訳のように言葉の暴力を振るっていた

 

私は母のようになりたいのだ

恩返しもろくにできないいい歳した娘を今でも泣くほど心配してくれる

無償の愛を与えてくれる母のような人になりたい