うた

はじめたことには意味があって

きっと私にとっては歌も、絵も、デザインも、ギターも、ピアノも、全部必要で

どれかひとつに絞る必要はないのだと思った

底上げをするだけ

もうわかっている

私がなりたいのはデザイナーの肩書きではなくて

ボーカリストとか芯がーとか肩書きでもなくて

ピアノの賞でもない

だけど融和された見守られるスタンス、技術は妥協の上

甘えを伴った横のつながりを広げるためだけのコミュニケーションツールでは絶対ない

それだけが確かだったけれど

それを証明すべく努力をしていなかった

そのスタンスを自分で理解していなかった

なぜなら「言葉」が便利すぎたから

言い訳の引き出しだけをどんどん膨らませてた当時の私は

結局男女関係で何がしたいかわからないけど消えた愚か者となった

 

つまり自分が望む結果にならないやり方だった

(私には合わないやりかただった)

口で何かを申す前に

手を動かして証明するしかないのだ

それはデザインの仕事も、趣味としてやる歌も、絵も、ライブもかわらない

 

ロジカルがとか言葉で考える前に

やるべきことをとりあえず何も考えずにやるだけ

苦手なことから遠回りをする必要はない、人生は有限だから

必要なのは何をどうしたいのか自分なりに決めることだった

わかっているよと言葉でカバーした結果が

やりたい方向性をどんどんと遠ざけていた

ならば

わかっているんだなっていうのは行動で示すしかないのかも

 

 

今はまだ怖い

逃げ出したり投げ出して来たことが多すぎる

今まで信じて来た自分のマックスのレベルが どれも続けなかったことによって

世に認められる(賞とか、名誉とか、数字とかの判断基準)

形になっていないから

世の中うまく渡っていくのは私には無理だけど

やりたいことを続けるということなら

少し無理をしてもやってみる価値があると思う

ー時間を犠牲にする、とか無駄にする、とかうだうだと考えていたけれど

その何年の時間が一番無駄だった

有意義に生きたい、から

有限の人生を使ってやってみる

我が人生を 何かや誰か、自分自身をしっかりと見つめ、問い、愛すために

 

仕事でのデザインはあまりうまくいっていない

デザイン案件が私にはもらえない

それは実力がないからなのか世渡りが下手だからなのか

でも努力が足りないとは思う

まだやり方がうまくつかめていないけれど 頑張っているかと問われれば

甘えていると思う

なりたいのは「デザイナー」肩書きのオペレーターじゃなくて

ほかの誰か1人の心に響く物やことをつくる「一流のデザイナー」だ

だからそのために

賞だってほしいし もっとアンテナをのばしたい

わたしは普通がわからないから

普通であることをもう一度日頃から探していく姿勢をつくりたいと思った

いつも「今、逃げていないか?」を自問自答するよう最近しているけれど

自己の意識だけで何かを捉え直すのは難しいと思う

 

それを続けるためにもひとと出会い、

人を見つめる

私にとってはそのために頭をクリアにする作業が「絵を描くこと=ものを捉えようとする視点」であり

たぶんカンはあるのにうまくアウトプットできない運動神経の悪さが極端だから

音楽が必要なんだと思う

音楽活動は趣味だし、っていうゆるさと

誰にも頼らず自我だけを信じて来たけれど

あきらかにきちんとしたトレーニングやレッスンが必要だなって最近思った

他人の知識や視点をもらったほうがあきらかに近道だから。

私のやりたいアウトプットは、トレーニングが必要だ

私は自由奔放を望むようでアーティストではない。

ある法則やルールを守った上で成り立つ人間の知識が故のアート性に惹かれている「凡人」なのだ。

 

 

毎日残業とか職場の人間関係にイライラしながらオペ作業しているけれど

それをいかに短く済ませ、本来の目的「一流のデザイナー」になるため自分の時間をつくれるかだなって思った

盗めるもんは盗むし、自分の効率の悪さはおすみつきだから

そういう無駄を省く方法を先輩から教えてもらおうと思う

あとはアンテナ

「普通」「はやり」「一般的な感性」VS「個性」「オリジナリティー」

を的確にふりわけていく作業に間違いがないかどうか

丁寧に、かつ迅速にコンセンサスをとる方法を考えなきゃって焦っている

 

そもそも昔からこの混同が激しくて、

だからズレた子なんだけど

このズレを修正すべきか生かすべきかまだわかっていない

固めるべき基礎を、とにかく今は追求することで手一杯だ

クリエイティブがこんなに難しいこととは知らなかった

 

自分のきめた道だから

あとしばらくは無駄だと思うことを続けてみよう

 

自分に対する甘えと、無駄だと思うような作業と、見えないところを綺麗に仕上げる非効率的だと思える作業を

地道にやる期間にしてみようと思う

きめてないけど、ひとまずそれが習慣になるまで

ピアノを始めるのは

それを実行できるか自分への戒めでもあります

これが続かなければ

その理由をさぐりつつ

諦める時は本気で全てを諦めよう

 

そんな最近です